非常にヤバイ状況

派遣社員であるおいらはやや2か月自宅待機になっている。

自宅待機になってから個人的な学習をして暫く過ごしていた。
1ヵ月もすれば就業先が見つかるだろうと甘くみていた。
その結果、2か月近く経っても会社から就業先の話しがない。
それどころか自分で率先して自社サイトの求人を検索している状況。

これほどまでコロナで仕事が見つからないとは当初は想像できなかった。
1ヵ月を過ぎた頃からアルバイトの応募をしていたがそれさえも簡単には決まらない。

非常にヤバイ状況である。
明日はヤマト運輸のアルバイトの面接予定。

アルバイトで稼ぐことができれば会社からの給料と合わせればなんとか生活の目途がたちそうだ。
何か個人的に稼ぐ道を模索しないと危険な世の中のようだ。

竹塩石鹸プレミアム

整骨院に行くのは止めた

今日起きてまだぎっくり腰が治らずまともに歩けない状態だった為、
整骨院に行くことを検討したが、結局は自宅静養に留まった。

現在は自宅待機の為、急いで治す必要はない・・・と家族に言われたのだ。
今日にでも会社から面談の話しがあった場合に行けないと困るので
整骨院に行くことを考えたのだがそんなに急に仕事が増えることはない・・と言い切られた。

なるべくパソコン作業は短くしてリハビリに励んだ1日だった。

2,3日で良くなると言ってしまったが、整骨院に行かなくても治るかやや心配になってきた。


 

マカド! Amazonせどり管理ツール

あなたの知らない筆跡開運法!

【スフィアリー | spherly】
100%ヒアルロン酸Naの高密度マイクロニードル、新発売!

新型コロナウィルス抗体判定キット付き遠隔健康医療相談

「ひざグッド」

竹塩石鹸プレミアム

一月半プー太郎

就業先が契約終了になってから一月半が経った。
体中が不調な状態が続いている。
通勤という日々の運動が実に大事だったと痛感している。

プー太郎になってから自宅でAndroidアプリ開発の学習に励んでいた。
たまにくる会社から連絡はかなり遠距離の就業先の紹介だけで
まともな就業先にあたらないことが多かった。
2,3週間くらい過ぎた時に膝が痛む。
最初は何故かわからなかったが結局は運動不足と結論を導いた。

毎日、駅まで20分の距離をあたり前に歩いていた日々は
そこそこ足に負担を掛けてそれなりに筋肉を使っていたようだ。
気づいた今ではすでに30日以上のその運動をサボっている状態となっている。

明日からは家の中でも足を動かしすぐに就業できるように頑張ろう。
まずは腰を治してからか・・・・・

全国の新幹線・特急券をネットで簡単予約【KiPuRu】

久々のぎっくり腰

5日前からぎっくり腰になった。
歩くのに腰を曲げないと痛みがある状態である。
整骨院等には行かずに自力で治そうと頑張っている最中だが
既に5日経過してもまともに歩けない状態が続いている。
 
20年以上前に初めてぎっくり腰になった時は
近所の総合病院から針治療やら整形外科等いろいろとまわってみた。
その中で針は一瞬で普通に歩けるようになって驚いたが
家について2,3時間経過すると又もとのように戻ってしまった。
針治療の全てがそうだとは言っていないが、
少なくともその時自分がうけた治療がそうだった。
 
結局はどこに行って治療を受けても時間が1週間くらい経過してから
完治していたのでどこにも行かなくても同じではないかと結論をだした。
 
ネットで「ぎっくり腰 治す」等のキーワードで検索し
自分で信用できそうだと感じた動画のストレッチを見て実施してみた。
結果、そこそこゆっくりではあるが歩けるようになった。
いろいろ試したのでどれが効いたのかが不明なのが間抜けなところであるが・・・
 
そして本日、朝起きたら2日前の歩けない状態に戻っていた。
昨日試したストレッチを全部やり直そうか、もう2、3日待ってみるか思案中。
 

玄関の扉

ここ数か月の間に自宅マンションの玄関の扉が硬くて開けにくくなってしまった。
現在は修理してもらうかどうか思案中。
 
管理会社が契約している工事会社に調査をお願いした結果、どこが悪いかよくわからないようだった。
はっきりとは「わからない」という言葉は使わないが結局はわからないので扉を交換した方が良いとの話しがあった。
工事会社の人は管理会社と相談するとのことで帰っていった。
 
扉の交換が管理組合の費用で修理可能であれば修理を実施したいと思っているが
自腹でということになると考えてしまう。

おいしかった

五反田が職場だった頃は月に数回と通っていた。
大好きな山頭火の塩ラーメン。
さすがに勤務地が変わってからは電車で食べにはこれないので
五反田を通るような用事があった時によるようにしていた。

最近はなかなか行くことができなくなってきたが
年に1回の会社の健康診断で特に行きたくもない
五反田のクリニックを選んで帰りに山頭火によることにしている。
だいたい夕方4時5時に着くので店もすいていてゆっくり味わって食べられる。
健康診断の時は昼食をぬくので夕方の空腹を満たしてくれる塩ラーメンは格別だった。

ほとんどの人がそうだが、どんな店でも食べ終わった後に「ごちそうさま」と言って会計をしている。
だが山頭火では最高にこの味が好きでおいしく食べられたことのお礼を言いたいといつも思っている。
実際には会計時にこっぱずかしいのかお礼の言葉がでてこない。

今日は少しだけ言えた。「おいしかった」
その店員さんの笑顔は見たことがなかったが目を細めた笑みで「ありがとうございます」と言っていた。
感謝の言葉は大切だ。