気配りの無い女

昨日、昼休みになったのでいつものように1階下の仕出し弁当売り場に向かった。
階段に向かったところで前に一人の女性が歩いていた。
かなり遅いペースで、後ろにおいらがいる事には気づいているだろうが
少しずれて道をあけてくれるでもなくちんたら歩いている。
そういう神経ってほんとにびっくりである。
さほど時間がかかるわけではないので弁当売り場まで落ち着いて
その女性の後をついていった。
弁当売り場では2,3人並んでいたがスムーズに人がさばけてその女性の番になった。
なかなか終わらない。
ふと見ると「まずは9千円のお釣りです」と言って千円札の束を売り場の人が女性にわたしていた。
通常はなんとも思わない事が散々イライラしたあげく1万円札を出す女にイラッとしてしまった。
5千円札を出すのもためらっていたおいらがアホみたいた。

スポンサーリンク

コメントを残す